当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています。
ステマ等は行っておりませんのでご安心ください。

JAF加入のメリットを紹介!安心できる賢いカーライフを!

損保との違い

▲ ▲ JAFへのご入会・その他詳細はこちら ▲ ▲

jaf 入会商品ページのヘッダー
公式サイトへの遷移リンクボタン
JAF

自動車トラブルや非常時に迅速なサポートが求められる昨今、JAF(日本自動車連盟)の加入者が増えています。しかし、JAFに加入するメリットは十分に理解されていない方も多数。

この記事では、JAFに加入するメリットについて詳しく解説します。

ロードサービスはもちろん、自動車保険との併用で得られる大きなメリットや、JAFが提供する様々な会員向けサービスをご紹介します。また、加入のデメリットや、入会するべき人と入らなくても大丈夫な人の違いについても触れていきます。

ぜひ参考にして、あなたにぴったりのカーライフスタイルを見つけてください。

損保との違い

JAF会員のメリットとは?

車でドライブ

JAF会員になることには数多くのメリットがあります。以下では、会員になった場合のメリットについて詳しく紹介します。

ロードサービスがほとんど無料

JAFのロードサービスは、会員でなくても利用可能ですが、その場合は1万円から2万円ほどの料金がかかります。しかし、会員であれば、バッテリー上がり、タイヤのパンク、キーの閉じ込み、燃料切れなどのトラブルに対して、無料でサービスを受けることができます
(ただし、一部のサービスは実費負担が発生する場合もあります)。さらに、利用回数に制限がないため、頻繁に利用することができます。

マイカー以外も対応可能

JAFのサービスは、マイカーに乗っている時だけでなく、マイカー以外に乗る場合でも利用できます。

一般的な自動車保険では、契約した車両(マイカー)のみが対象となりますが、JAFは「人に関するサービス」であるため、どの車に乗っていても会員であれば対応してもらえます。

例えば、会社の車に乗る時やレンタカーを借りた時、実家や友人の車に乗る時でも安心です。

会員優待サービスが使い放題

JAFは、ロードサービスだけでなく、会員優待サービスも充実しています。

その会員優待サービスを利用すると、各種店舗や施設で割引や特典を受けることができます。

例えば、ファーストフードチェーンや映画館、アミューズメント、雑貨店など、日常的に利用する機会が多い場所でもお得になります。さらに、JAFスマートフォンアプリを使えば、アプリ限定クーポンや会員優待が使える施設の検索機能なども利用できます。

これらがJAF会員の主なメリットです。

会員になることで、ロードサービスの利用がほとんど無料となり、マイカー以外に乗る際も安心です。また、会員優待サービスも充実しており、日常的にお得に利用することができます。

高速道路

JAFと自動車保険の併用によるメリット

タイヤがパンクしている

JAFへの加入と自動車保険の併用には、以下のような大きなメリットがあります。

2.1. 強化されたロードサービス

JAFのロードサービスは、自動車保険に付帯しているロードサービスとは異なり、さまざまなトラブルに対応することができます。

加入により、自動車保険の範囲外のトラブルにも対応することができます。以下は自動車保険との組み合わせによって強化されるロードサービスの例です。

組み合わせロードサービス例
  • バッテリー上がりの場合:
    自動車保険では、バッテリー上がりの対応は保険適用期間中に1回のみですが、会員に加入すると何回でも無料で対応してもらえます。
  • タイヤパンクの場合:
    自動車保険では、タイヤのパンク修理は保険対象外ですが、会員に加入することでパンク修理まで対応してもらえます。
  • 応急対応による作業料金の場合:
    自動車保険では、現場応急対応にかかる作業代金が30分まで無料ですが、会員への加入で全額無料になります。

JAFと自動車保険を併用することで、自動車保険だけではカバーされなかったトラブルにも対応できます。そのため、会員への加入により、より安心・安全なカーライフを送ることができます。

損保との違い

JAFが提供するサービス

車がレッカーで運ばれるロードサービス

JAFは会員に対して様々なサービスを提供しています。以下に主なサービスをまとめてみます。

ロードサービス

JAFのロードサービスは、車のトラブルや事故の際に利用できます。例えば、長距離のジャンプスタートや燃料補給、キーエンブレムに関するトラブルに対応します。その他にもさまざまな状況での救援を無料で受けることができます。

ドライブ・旅行関係の割引サービス

JAF会員限定の割引サービスでは、アウトドア施設、レストラン、ホテル、教習所など様々な場所で割引を受けることができます。対象施設は約47,000カ所あり、公式ガイドやアプリで簡単に確認できます。

JAFの保険

JAFは自動車保険を提供しており、会員なら特別な割引が適用されます。自動車ロードサービスを含む一体型の保険や火災・盗難・損害の補償を提供する保険があります。会員なら保険料が割引されるため、お得に自動車保険を加入することができます。

JAF PLUS

会員限定の特典やサービスが提供されるプログラムです。JAF PLUS会員なら、優待サービスやJAFオリジナルの商品、イベントへの参加など、さらに特典を享受することができます。ランク制度があり、ランクに応じてさまざまな特典が提供されます。

交通安全講習会

JAFでは会員限定で交通安全講習会も開催されています。交通ルールや安全運転の知識を学び、安心・安全なドライブを実現することができます。

JAFは上記のような充実したサービスを提供しており、会員なら様々な特典やサービスを利用することができます。ロードサービスだけでなく、ドライブ・旅行関係の割引や保険、JAF PLUSなど、幅広いニーズに対応しています。会員になることで安心で便利なカーライフを送ることができます。

損保との違い

入会するべき人と入らなくても大丈夫な人の違い

道路に車が走っている

JAFに入会するべき人と入らなくても大丈夫な人には、以下のような違いがあります。

入会するべき人

  • 外出先や旅行先でのトラブルに備えたい人
  • 自分の車以外の車を頻繁に利用する人
  • ロードサービスや救援サービスを頻繁に利用する人
  • JAFの会員特典や割引を積極的に利用したい人
  • JAFの各種サービスやアフターサービスに興味がある人

入らなくても大丈夫な人

  • 自分の車しか乗らない人
  • ロードサービスや救援サービスを滅多に利用しない人
  • JAFの会員特典や割引をあまり利用しない人
  • JAFの各種サービスやアフターサービスにあまり興味がない人

この情報、入会するべきかどうかを判断する際は、サービスや特典の頻度を視野に入れてください。JAFで安心しやカーライフを送ることができる一方で、無駄な費用になる可能性も。あなたのライフスタイルに合わせて、入会するかどうかを慎重に考えることが大切です。

JAFのデメリット

青空

JAFには数々のメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。以下にJAFのデメリットをまとめました。

5.1 入会金・年会費が必要

JAF会員への加入には、入会金と年会費の支払いが必要となります。入会金は2,000円(クレジットカード払いの場合は1,500円)、年会費は4,000円です。しかし、会員特典や割引を利用することで回収することも可能です。

5.2 ロードサービスが対応していない車種があります

JAFのロードサービスは一部の車種に対応していません。特に、特殊車両や大型・小型の特殊車両など一部の車種は対象外となっています。ただし、個人会員の場合、これらの車種に乗る機会は少ないでしょう。

5.3 特定の状況下ではロードサービスが利用できない場合があります

JAFのロードサービスは24時間365日提供されています。しかし、一部の状況では利用できない場合があります。たとえば、飲酒運転や自賠責保険の期限切れなど法律違反がある場合や、地理的・天候条件によって救援作業が困難な場合などです。ただし、可能な範囲で対応し、他の業者の紹介も行ってくれます。

これらのデメリットは会員への加入を検討する際に考慮すべき事項です。JAFの利用頻度や所有する車種によって、メリットが上回る場合もあります。自身の状況に合わせて会員の加入を検討してみましょう。

まとめ

JAFは会員になることで、数多くのメリットがあります。

JAFのロードサービスはほとんど無料で利用でき、マイカー以外にも対応可能です。さらに、会員優待サービスやJAFの保険など、さまざまな特典が用意されています。ただし、会員になるには入会金や年会費が必要です。また、一部の車種や状況下ではロードサービスを利用できない場合もあります。

これらをもとに、あなたのライフスタイルに合わせて、会員への加入を考えてみてくださいね。

そして、JAFの会員になることで、より安心で便利なカーライフをお送りください。

損保との違い

よくある質問

Q
JAF会員になるためにはどのような条件がありますか?
A

会員になるための条件は特にありません。誰でも会員になることができます。

Q
JAFのロードサービスは24時間いつでも利用できますか?
A

はい、JAFのロードサービスは24時間365日利用することができます。

Q
JAF会員費を支払うだけの価値はありますか?
A

支払う価値は多いにあると思います。1つ目は安心を買うということ。2つ目にお得な優待などで数多くの割引を受けられるということです。使い方によっては年間数万円分お得になります。

Q
JAF会員になるときに必要な費用はいくらですか?
A

会員になるためには入会金と年会費が必要です。入会金は2,000円(クレジットカード払いなら1,500円)、年会費は4,000円です。

Q
家族間で共有できますか?
A

家族間でも共有可能です。ただし、家族内で複数人が車を所有し、運転する際は家族会員になることをおすすめいたします。家族会員は2,000円/人で加入可能です。

Q
JAFのロードサービスはどのようなトラブルに対応していますか?
A

JAFのロードサービスはバッテリー上がり、タイヤのパンク、キーの閉じ込み、燃料切れなど、さまざまなトラブルに対応しています。ただし、一部のサービスは実費負担が発生する場合もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました